東映院長の小美術 ~梅雨編~

staff_02

 

東映院長の小松です

 

さて今回も季節に合わせて 梅雨もの 

梅雨といえば 紫陽花 あじさい アジサイ・・・(なんだか並べるとカタカナは角のある動物みたい?)

桜の時と同じで、他のアイデアはすべて却下。梅雨といえばあじさい!!

それではお気に入りの切り絵です。 作業スタート!

 

 

アジサイ-下絵画像を探してA4のコピー用紙に印刷。文字と雨の線を書き足しアレンジ。

アジサイ-途中-アップ早速カットスタート!雨の線が細い、細かい、繊細。

アジサイ-途中花と葉の線の太さに変化をつけて・・・。あ~~~、進まない・・・。心が折れそう・・・。

アジサイ-カット終了  でも、頑張りました。カット完了!

最大の難所は文字の周辺!ちょっとした引き切りですぐちぎれそうになる!難所でした!アジサイ-完成  黒で塗って乾燥させて、ディスプレイ!完成!

 

止まない雨はなく 

降らない雨もない

 

「降らない雨もない」で終わるのがミソ。

雨が止むことを期待するより、どうせ降るから受け入れて楽しもう と。

そして、雨って悪い事のたとえとして使われることが多いけど、必ずしも悪い事だけではないですよね。

この雨、良い事だとして読んでみると・・・

良い事は続かないけど無くならない。

物は捉えよう。前向きに、都合よく。

ではでは。

2020年9月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

検索


アーカイブ