東映院長の小美術 ~令和 編~

staff_02 似顔絵 

 

東映院長の小松です。

 

さて昨日新元号が発表されまして5月から『令和』という事になりました。

皆様も以前から予告されていたことですし、テレビやラジオ、ネットなどニュースでご存知だと思います。

 

そして菅官房長官の『令和』の額を上げた姿はやはり印象的でした。 

『平成』の時の小渕さんもすぐにイメージできるものの一つかと。

 

さてさて、作品のネタを探し続ている私にとって絶好の機会です。

こんな印象的ないいネタがあって、作らないの?

今日作らなくていつ作るの?

いつやるの?今でしょ!

 

はい、作りましたよ。

インスタグラムには昨日のうちにアップしましたけど、ブログでは額装した今日という事になりました。

では、どーーーん!

 令和2令和3

 どうでしょう?

おもしろ切り絵になっちゃいましたかね。

 

今回 初めての手法が2つ。

・写真を原稿にして、自分で白黒を決めた点

・『令和』の文字が切り離れている点  です。

 

自ら絵をかくのへたくそすぎるのと、原稿が時間的に写真しかない事と、字を無理につなぐとイメージが崩壊する可能性があった事で上記2点の手法を使わざるを得なかったんです。

 

でもタイムリーだったので、桜の切り絵はたったの1週間でトイレ前に移動となってしまいました。

5月までは飾りますかね。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

検索


アーカイブ